ログイン

びょううぇえ

性別: 男性
出身地(都道府県): 和歌山県
現住所(都道府県): 富山県
自己紹介文

バイアグラの死亡例に関しては、潜在的な疾患がもともとある方が多く、他の原因で死亡されたものと考えられる死亡例はいくつかあります。心臓や脳内に病気を抱えている、糖尿病の薬を飲んでいる、過去に心筋梗塞を起こしたことがある、ニトログリセリンを服用しているなどの例です。まずは、報告されている具体例をいくつかご紹介したいと思います。バイアグラの服用にあたっては十分にご注意をお願いいたします。
例1:57歳男性。糖尿病の病歴があり、バイアグラを服用して性行為に及び胸の痛みを訴えて救急車で病院に運ばれる。救急車の中ではニトログリセリンが投与されて症状も安定。しかし、胸痛がおこり心肺停止に至る。病院内で死亡。
例2:80歳男性。性行為中に突然意識不明となり倒れる。その後病院に運ばれ死亡。ハイトリンを服用しており持続型心房細動及び良性前立腺肥大の病歴がある。
例3:53歳男性。インシュリン治療中にバイアグラを服用した直後の死亡する。性行為の豊北はなく死因については不明。
例4:67歳男性。バイアグラを服用し性行為に及ぶ。服用後1時間30分後に死亡。呼吸困難が原因と見られているが死因は不明。心疾患、高血圧及び高コレステロール血症の病歴が有り。
例5:74歳男性。夜バイアグラを服用して翌朝に死亡。性行為についての報告は無し。死因は心肺停止とされています。副作用の可能性大。2型糖尿病、高血圧及びメラノーマの病歴有り。
例6:バイアグラ服用後に胸痛を訴え、そのまま死亡。性行為については確認できていない。ニトログリセリンを舌下服用したとされている。
例7:73歳男性。バイアグラ服用後に低血圧、胸痛にて病院へ緊急搬送。その後死亡。性行為については定かではない。心筋梗塞の病歴有り。
例8:64歳男性。バイアグラを服用し性行為を行ない意識を失う。死因は心室性不整脈及び心筋虚血とされる。心筋症、冠状動脈疾患、成人型糖尿病の病歴、及び狭心症様の病歴が有り。
巨人倍増
シアリス 通販